韓国語勉強の過程を振り返る

2022年4月に、TOPIK6級に合格!!!

(※韓国語試験の1番上の級)

TOPIKの成績
ぴったり6級のボーダーライン

 

合格記念も兼ねて、韓国語をいままで勉強してきた体験談を振り返り。全然体系的じゃないけど、今まで試したいろんな試行錯誤と思い出を形に残そうと思いました。

次に外国語を勉強するときに参考になりますように…!

 

 

きっかけ

2014年~:授業として韓国語を何コマか履修。

2019年~:韓国語のガチ勉を開始。

  • 韓国人の友だちが週1で勉強会を開いてくれる流れになり、教えてくれた時間を無駄にしないようになんとなく自習しつづけた。
  • 大学のリソースを使って、最後になにかを学び尽くしたいと思った。
  • 自力で言語をマスターした経験が無いので、何でもいいからやりたかった

※Kpopや韓ドラファンではない韓国語学習者はとても珍しい。

勉強する対象が韓国語である必要は全くなかったが、ある言語を学び始めるきっかけは軽いノリで良いと思う。

 

文字に慣れる

2014年

大学の授業ではじめて韓国語に触れる。

ハングル覚えるのは本や書き取りよりも、電車の駅名標を見て<神田>=<간다>という対応関係を電車に乗るたびに観察して覚えた。構造が規則的だと分かっているのに、慣れるのに時間かかった。

1,2ヶ月経った頃には、ゆっくり正確に認識できるくらいになる(母語のように瞬時には読めるようになるのはかなり後)。

 

初級文法を知る

2014-2015年

大学の授業で履修。初級の文法と単語を少し覚えて、自己紹介は出来るようになる。

 

 

ーーここから全て2019年以降ーー

Kpopで初級単語に慣れる

覚えたい単語を決める

Kpopを聴き漁り、単語や文法が平易なTWICEを登下校中にリピート。聞き流すだけではすぐBGMになりそうなので、リスニング試験の気分で聞くのを意識。

※特にファンではないが、TWICEの歌詞は初級者にやさしいのでおすすめ。

 

最初から日本語と韓国語を対訳で見る。覚えたい単語を選ぶ。

 

<歌詞>

둘 중에 하나만 골라

ふたつの中からひとつだけ選んで

하나만 선택해 어서 

ひとつだけ選んで 早く

 

<当時の私の見え方>

둘 ** 하나* **

ふたつ**、ひとつ****

하나* 선택해 ** 

ひとつ**選択(?) **

※「選択(?)」は、漢語規則から類推。漢語の類推が効くのでムズい単語が却ってわかったりする。

 

**の箇所から覚えたい単語を決める。まずは頻度が高そうなこの2つとする。

  • 「~중에」=「~の中から」
  • 「만」=「だけ」

他に知らない単語は「골라」,「어서」もあるけど、優先順位は高くないと判断。

 

対訳を意識する

第一段階:韓→日

  • 「둘 중에 하나만 골라」を聞いて「ふたつの中からひとつだけ選んで」が訳し出せるようになればOK

第二段階:日→韓

  • 覚えたい単語「~の中から」「だけ」を書いたノートを見て、韓国語で「~중에」「만」を思い出せればOK

 

このように覚えたい単語を決めておいて、通学路や休み時間にリピート(実質リスニング試験を常に受けている状態)でもあまりストレスはない。

 

歌の中ではよく聞き取れないので、その都度確認する手間が発生するやつ:

  • 子音(激音/濃音/平音)
  • 似てる母音の区別(워/어 など)

この辺も確認しつつ、正確に単語を覚えたら、残りの覚えていない箇所をやる。

 

作業を繰り返す

<この時点での見え方>

둘 중에 하나만 **

ふたつの中からひとつだけ**

하나만 선택해 ** 

ひとつだけ選んで **

※他にもいろんな経路で単語覚えていたので、事前に厳密に計画するのは不可能。

 

そしたら、まだ**になっている「골라(選ぶ)」,「어서(早く)」を覚える・・・の繰り返し。

いっぱい聴き漁るのではなく、何曲かを全攻略するつもりでやった。(低頻度な単語は無視したので、ぬけもれはたくさんある)

大体思い出せるのでTWICE10曲くらい、SEVENTEEN10曲くらい、その他適当に色々。

seventeenは友だちに強く勧められてしまい、聞き始めるようになった。

 

例文暗記

Kpediaで気に入った例文暗記

歌詞には出て来ない単語をカバーする必要性に気づく。日用品や野菜の名前など、Kpopには出ない単語も多い。

韓国語辞書なら Kpedia

 

1番最初に例文暗記した文はこれ。授業前に天気雨が降っていたので、検索したら遭遇した例文。授業中ずっとこの文を覚えようと励んでいた。

맑은 하늘에 비가 오는 것을 ‘호랑이가 장가가는 날’이라고 한다.
晴れなのに雨が降ることを「狐の嫁入り」と言う。

それからは例文暗記が楽しすぎて、片っ端から「これ言いたい」と思った単語を検索して例文を暗記。普通に生活してても、そんなに言いたいことが集まらないので、無理やり身の回りの物をよく見て言えることを探した。

例:この丼にネギが乗っている…ネギってなんていうんだっけ?→検索→例文暗記

※誇張ではなく実際このノリで見えたものを全部単語にしてた。

를 자르는 방법과 부위에 따라 맛이 바뀐다.
ネギは切り方と部位で味わいが変わる。

↑いくつかある中で、使えそうな例文を選んで暗記。

 

次に、ここに出てきた新しい単語「자르다(切る)」が普段使いに良さそうなので、更に検索。例:자르다 ってどう使うんだ?→検索

色々ある例文の中でも、使えそうな頻度とか関係なくなんとなく気に入ったのを楽しく覚えていた。

なんか気に入ったやつ>>>>使う頻度が高いやつ

 

当時はかなり例文暗記に熱中していて、移動中も会話中も授業中も知りたいやつが思いついたらすぐ検索。特に覚えたい例文はノートに書き込んで、時間があるときにノートを見返して復習した。

 

初級単語を網羅する

ハン検4・5級単語帳をリピート

単語帳は手で書いたり、何周も読んだり、電子単語帳(Anki)に取り入れたり、試行錯誤を数えられないほどした。

1番馴染んだやり方は、索引から知っている単語を消していく方法。

 

そもそも、なぜ単語帳を使うのかというと、ここでは初級単語を網羅したいからと気づいた。初級に限らずその段階に必要な全分野の単語を網羅するために単語帳を使っていた。

つまり、単語帳では結果として網羅できたことさえわかれば、その手段はなんでも良い。単語帳を網羅できたかは、単語帳の索引を見て全部の意味がわかるかで把握する。索引を見て意味がわからない単語は、どうにかして覚える…を繰り返す。

ただこの方法は中級以上の単語には通用しなかった。

 

2019年12月に、ハングル検定3級に合格。

※日本の団体が主催。英検みたいなやつ。3級のレベル=英検3級くらい。

当時使った単語帳の進捗はこんな感じ。いろんな経路で単語覚えてたから4・5級を全網羅しなくても3級の語彙は結構知っていたかも。

下図の単語帳はハン検4・5級用ですが、3級に合格してから使わなくなりました。

ミリネ韓国語教室著『hanaの韓国語単語<入門・初級編>』
※黄色=確実に覚えた単語

 

いま見たらこの単語帳全然完走してなかった…。

 

中級文法

講義に参加

言語学習が好きという割に参考書に向き合うことに関して怠惰なので、文法は授業内容に頼りきりだった。授業なら時間になれば嫌でもその場に行くので継続できた。授業は全部楽しかった。

  • 友人が週1で新しい文法を教えてくれた
    • 貴重な友人と大学という学びの場に感謝。
  • 学部の授業(韓国語専攻3,4年生向け)を聴講
    • 先生に頼んで授業に紛れ込んだ。

 

参考書は挫折

日本で売ってる韓国語参考書は全部目は通したと思うが、何冊か手を出してみてどれもモチベが全く上がらなかった。

結局文法は、最後まで参考書でちゃんと勉強していない。

例文暗記で出てきた知らない文法は、その都度調べたのと、会話の中で「この場合はこれを使うんだよ」といった風に教えてもらうことで、感覚的に使えるのが徐々に増えた。

 

そんなこんなで、2021年4月にTOPIK5級に合格

(大体の内訳:聴解80/100点|作文40/100点|読解60/100点)

 

たくさん喋る

韓国語で考えるようにする

頭の中での考え事をなるべく韓国語で考えるようにした。初期の頃これをやっているとすぐ頭がパンクして、疲れて歩けなくなったりしたw

なので、長い文章やちゃんとした考え事ではなく、ちょっとしたフレーズ(何食べようかなとか)を韓国語で言えるようにした。わからないときは検索して、出てきた例文をまた暗記するという流れ。

 

会話やりはじめの頃お世話になったチャンネル!

youtu.be

 

話す内容を用意する

はじめの頃は、全く話せなかったが、高確率で聞かれる定番の質問に対して答えを先に用意するようにした。語学学習のための会話ではなく、どうせ会話するなら本当に話したい内容を話すようにした。

例えば、「韓国来たことある?」の質問に対して

<悪い例>

2回あるよ、ソウルと釜山行ったよ。明洞行って買い物とかして、タッカルビ食べた。あと南山タワーも行って…(略)

どんなに沢山文章を繰り出しても、このノリで盛り上がるのは難しい。日本語で話して面白くない話は、外国語で話しても面白くない。

 

<良い例>

2回あるよ。1人で観光してたから、ぼっち飯が出来る店が分からなくてずっとキンパ食べてたw

こうすると多くの場合はぼっち飯しやすい店を教えてくれる。そして、その人が住んでるところのグルメや、最近の韓国のぼっち飯文化の話に繋がったりする。

 

聞き取れるようになる

これがどうやって上達したかあまり思い出せない。めちゃ人と喋ってたら分かるようになってきた気がする。この頃は、良き友人らに恵まれたのもあり、普通に楽しく日常会話できる位に(相手の話が速すぎなければ)。

中級単語を網羅する

初級のときと同じノリで行けると思ったが、全然上手くいかないため新しいやり方を探した。

上手くいかない理由は、単語の出現頻度が違うから。初級単語のときは、どれも高頻度の単語で、同じ単語に何度も遭遇して勝手に新しい単語をインプットできた。しかし、新しく買った中級の単語帳に載っている単語は、意識的に対策しなければ入って来なかった。

 

語研『韓国語能力試験TOPIK3・4級 中級単語1800』
※印付き=確実に覚えた単語
たかが1800個なのに全部覚えられなかった。

 

(同上)

文法の勉強も兼ねて例文を全部覚えようと思ったりしたが、全然続かなかった。

 

参考になった動画

そこで見たのがこの2つの動画。この2つは単語暗記がつらいときに観ると元気が出るので何回も観ている。

 

youtu.be

 

youtu.be

 

高速回転を実践した結果

自分も同様に単語帳の回転を開始。やり方は動画を参照。

使った書籍は『韓国語能力試験TOPIK3・4級 中級単語1800』(上に写真ある)

最初の頃は1周するのに数日掛かっていたので、1ヶ月やったけど実際20周くらいしか回してないかも。後半はだんだん慣れてきて1日に1周できるようになった。それでも1周に3時間位かかるので、退勤後カフェかミスドに行って閉店時間まで籠もっていた。

当時の記録によればこんな感じで成果出ていた↓

当時のツイート 2021年11月23日

 

試験用の作文対策

めちゃめちゃ会話出来るようになっても、作文が一向にできなかった。人との会話のキャッチボールに慣れすぎて、1人で長文を書く方法がわからず、topik5級を受けた時も嫌すぎて勉強しなかった(作文40/100点だった)。

 

そこで出会った本がこちら。作文の心構えから定番の言い回しまで載っている良書。

韓国語能力試験TOPIK II 作文完全対策 単行本

 

意外と簡単な解決策だけど、まずは日本語で全文を考えて、韓国語に訳すようにしたら書けるようになっていた。

  • 作文を韓国語で書く(できない)
  • 作文を日本語で書く(できる)→日本語を韓国語に訳す(できる)

読解の速度を上げる

読解(黙読)するのが時間がかかることに気づく。同じ文章を韓国人が全部読み終わっている頃に自分は同じ量の半分も読めなかった。解決策として、どうやら音読が良いらしいので、音読の練習を開始。

音読が絶望的に遅い

会話では普通に話せるのに、音読は本当に韓国語が出来るんかと疑うほど遅かった。(ひらがな学びたての小1レベルの読み)

興味ある内容を読みたかったので、韓国旅行に行った際に購入した『国史(韓国高校の歴史指定教科書)』と『科学用語事典』を音読。部屋で韓国の歴史をひたすら読んでいる風景はとても人に見せられたものではないが、当時は韓国近代史に興味があり、結構楽しかった。

국사 편찬 위원회 《국사》

2ヶ月くらいやってたら、激遅→やや遅で読めるようになっていた。

そのあとは、飛ばし読みをする(下の節)ことで読むスピードは桁違いで上がってきたので、音読する練習は一旦終了。

 

試験対策の飛ばし読み

読解の文章読むのが遅すぎて友人に相談したら、「全文読まなくて良いんじゃない?」と言われ、飛ばし読みをするように。これがかなり効果があり、TOPIKの読解問題では、最初と最後の1行ずつを読むだけで選択肢から正解が導けることが多かった。

韓国語能力試験TOPIKII完全対策』

 

2022年4月にTOPIK6級合格

2021年のTOPIK5級合格時と比べたら、作文が書けるようになったのと読解の慣れで点数が上がったと思う。

 

さいごに

韓国語を勉強したからこそ見えるようになった世界や知り合えた友だちや過ごせた楽しい時間がたくさんありすぎて、最高に良い時間でした!!今でも知らない表現や使いこなせない文法は山ほどあるし、聞き取れないときもたくさんあり、「やっとスタートラインに立てた」という気分ですが、韓国語の勉強はこの辺で小休止します。

韓国語にはもう慣れすぎてしまったので、この慣れた環境からまた知らない環境に出て、いろんな言語を学び沢山の本を読んで自分の知見を広げていきます。